2015.04.26

四つ巴?卍? CAST GALAXY

Dsc_0053

カッコイイんですが、緩いんです。バラスのは簡単ね。本番は組み直しでございました。


Continue reading "四つ巴?卍? CAST GALAXY"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

結構イライラします。 CAST TWIST

Dsc_0052

久々のキャストパズル。今年の2月ごろに購入してました。最近FBで発信してたので、ブログの更新が後回しになってます。でもFBは投稿が多いとすぐに過去に流れて行ってしまい、カテゴリでまとめるのがめんどくさいですね。

さて、どこかで見たことのあるようなCAST TWISTですが、結構いやらしい構造です。後ちょっとのところで、溝が終わって進みません。デッドエンドが上手に配置されてます。

Continue reading "結構イライラします。 CAST TWIST"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.12.08

ペーパーリングに挑戦

Dsc_0608

パズる会2009の例題でずっと頭を捻らされていたのですが、やっぱりこれしかないという方法で作ってみました。
お題は紙のリングを別の紙の切れ目を通してぶら下げるという、少し毛色の違う「輪違い」作成問題です。オリジナルの問題はこちら


Dsc_0609

例題と違って裏側にも貫通させてみました。トポロジー的には不可能物体ですよね~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.06.23

カチッとした感じがいいね! CAST DELTA

Dsc_0308
久々のパズルネタです。見た目からCAST NEWSを連想しますが、どちらかというとCAST SQUAREに近いかと思います。動かせる部分は5mmほど隙間が開くのですが、そこから先がなかなか進みません。さてどうしたものか・・・


Continue reading "カチッとした感じがいいね! CAST DELTA"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.02.08

美しいなぁ・・・CAST DONUTS

Dsc_0299

年末からこっちはLEDピカピカに夢中で、新作キャストパズルを見落としていました。おいしそうな新作が出てますね。早速入手して味見です。

一見CAST LOOPのバリエーションかと思いましたが、ぜんぜん別物!歯ごたえがあります。ドーナツの穴の内径とドーナツ本体の断面径がほぼ同じなので、遊びがなく、取り付く島がありません。ただし、4パーツ構成なのはわかっていますから、パーツの合わせ目をなんとか広げていけば・・・あれ?時々遊びが大きくなるぞ?

Continue reading "美しいなぁ・・・CAST DONUTS"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.31

似てるけど別物。 3Dギアキューブ

Dsc06206
ちょっと前に入手していた、変わり者キューブです。ちょこっといじって、動きにびっくり!これは難しそうだと思い、しばらく棚上げていました。今日、久々にいじってみたところ、いろいろわかってきました。

「これはルービックキューブとは別モンデス。」

Continue reading "似てるけど別物。 3Dギアキューブ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.18

簡単?でも解けない。 CAST COIL

Dsc06205
実はかなり前に入手済みでした。見た目簡単そうでしょ?最初は楽勝ムードでカチャカチャしていたのですが、思ったより動かせる範囲が狭いんですよ。他にもガンプラや仕事(優先順位がおかしい)が押していたので、とりあえず塩漬けにしておりました。基本的に解けて戻せてからブログでレビューという自分のルールがありまして・・・ということは、そういうことです。

Continue reading "簡単?でも解けない。 CAST COIL"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.12.21

不可能物体を作ってみた⑥

Dsc_0100
久々に新作です。オーソドックスな「木ねじと木切れ」を作ってみました。もちろん木切れは一体モノです。木ねじもホームセンターに売っている普通のモノです。さて、どうやって作ったのでしょうか?
Dsc_0101
真ん中のナットはついでに通しておきました。次に作る時はもっと綺麗に作れるはずです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.12.07

LaQはじめました

Dsc01041

以前から気になっていたブロックタイプの玩具です。パーラービーズ売り場の近くに置いてありました。パーラービーズの弱点はアイロン掛けが面倒くさいのと、大判作成の難しさです。子供にアイロンは敷居が高いということで、水で固めるアクアビーズという商品もあり、こちらも試してみましたが、アクアビーズの弱点は接着力の弱さ(点での結合なので)と膨張率がかなり高くて大物は事実上無理な点です。いっそ水を使わずに木工ボンドで固めた方がきれいにできそうです。

で、LaQに手を出したというお話です。もちろん全然用途が違いますが、私としてはパーラービーズの様にLaQを使ってなんか作ってみたかったんです。さっそく「フリースタイルcolors」というセットを買ってみたんですが、400ピース程度では凝ったものはあまり作れず、「ハマクロンセット」700ピースを買い足してみました。しかし、一色毎に分けてみると実は全然数が足りません。ちなみに1ピースあたりのコストは8円前後でして、大変コストパフォーマンスが悪いと言うことに気が付いてましたが、ここで引き返すのも負けた気がしますので、「EXPART S」セットを発注しました。これで1ピースあたり6円程度です。トータルコストは内緒。

なんか期間限定サービスだったみたいで、パステルカラー2色がオマケで入っていて得した気分になれました。総数3500ピースぐらいありますので、相当なものができるはず。まずはお約束の分別ですね。ちなみに3時間ぐらい掛かりました。あとは何を作るか決めなきゃね!

LaQエキスパートS/カラーズ【送料無料!】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】

価格:17,280円
(2016/1/28 00:02時点)
感想(1件)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.01

町内文化祭でパズル展示

この日曜日は町内文化祭でした。例年、手芸・陶芸・児童の作品等が飾られてそれなりの雰囲気なんですが、良く言えば「安定」、悪く言えば「マンネリ」なんです。まぁたまには毛色の違った展示もいいでしょうと、手持ちのパズルと不可能物体を一角に飾らせてもらいました。

結果は、かなり好評でした。午前9時の開場から午後4時半の終了まで、常に人だかりができていまして、改めて立体パズルの面白さを確認しました。ま~手ごたえは前日の搬入時からあったんですけどね。演芸部門のリハーサル中にパズルを並べはじめると、スタッフが寄ってきてあーだこーだ言いながらカチャカチャ始めるんです。あんたら、仕事しろよ!

子供達が夢中になってトライするのは、まあ当たり前みたいなもんです。意外だったのが30~40代の御婦人達も結構興味を持ってカチャカチャしてました。おっさん達はもちろん薀蓄を垂れながら自慢げにはずしたりはずせなかったりです。これはお約束ですね(もちろん自分も含めてですね)。

結構話題になったみたいなんで、来年はベンチでも置いて大々的にやってみますか。それには新しいコレクションが必要になりますね。不可能物体のレパートリー拡大と組み木系のパズル収集に励みますか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧