2013.08.11

初代PS3御臨終でした。

2回目のYLOD修理は失敗しました。ヒートガンを当てたところ、電源も入らなく成りました。ヒートガンの当てすぎか、基板の反りがひどくて接点が浮いてしまったのでしょう。何事もやりすぎはNGです。

とはいってもPS3用の機材やソフトがある以上、このままというわけにはいけませんので、中古で新型PS3を買ってきました。一応バックアップを外付けHDDに取っていたので、レストアしましたが、私は何か大きな勘違いをしていたようです。というのも、バックアップしていたのは写真や動画、音楽CDのデータなどで、ゲームのセーブデータは別の手段が必要だったんですね。データの引越しの手間を考えると、オンラインでセーブデータを管理したほうがいいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.31

YLOD再び・・・

暑くなって久しいですが、この時期はPCやゲーム機にとって過酷な季節であります。特にただでさえ暑苦しいPS3は故障が頻発しているのではないでしょうか?

うちの初期型PS3は以前YLODを発症していて、なんとか自力修理していました。4ヶ月めにして再発です。もう一度修理してみますが、たぶん再発は時間の問題でしょう。

買い替え時かな~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.04.07

PS3 YLODの素人修理、その顛末

Dsc_0389s

久々にPS3ネタでございます。とうとう我が家のPS3にもYLOD様がやってこられました。初代60Gモデルなんでそろそろ寿命が来てもおかしくはありませんが、そんなにハードな使い方をしたおぼえもありません。

気付いたのは先週で、帰宅したらトルネ専用機状態のPS3の電源LEDが点滅してました。「?」と思い、久々に電源投入してみると、緑→黄色→赤点滅と変化し、あとはうんともすんとも言いません。強制電源OFFや電源ケーブル引っこ抜きも効果なし、手も足も出ません。

ネットで症例をググルと、どうやら「Yellow Light of Death」と呼ばれる、超有名な故障のようです。対処法はメーカー有償修理でHDDはフォーマット、しかも12~15千円みたいです。ただ、その気になれば自力修理も可能な場合もあるとのこと。それこそ山のように自己修理例があるので、興味のある方は自分でググッてください。

私もヒートガンを買い込んで、自己修理にチャレンジしました。特に難しい部分も無く、あっけなくYLOD状態は解決したのですが、組み立て後、なんか調子が悪いのです。

具体的な症状は・・・
・起動時に80010201エラーが発生
・ネットワークに接続できない
・コントローラーが無線で認識できないので、USBケーブルで繋がないと操作できない

ネットワークの再設定をすると、LANケーブルが刺さってないぞと言って接続テストが進まない。無線LANもだめ。
要するにWi-Fi・Bluetoothを含めてネットワーク機能が全滅ということです。ヒートガンでネットワークチップを焼いちゃったのかしら?

しつこくネットでググッていると、「80010201」エラーは内部のケーブル接続ミスのしるしという記述があったので、
再度分解組み立てを繰り返していると、見つけました見えないコネクターを!

写真の中央の白いフィルムケーブルです。ここは分解時には関係ないので、はずしたりしないのですが、初回におそるおそるばらした時は、様子がわからないので、全部はずしまして、組み上げる時には見えなくなるのでそれっきりになるんです。子基盤をはずしてケーブルを差し込んで、もとのように組み上げれば、エラーも消えてネットワークとコントローラーも無事使えるようになりました。

自力修理の時にこれが発生して、接続ミスが発見できないと、あきらめて買い換える人もいるんじゃないでしょうか?

YLODは再発の可能性が高いようですので、次回発症したら買い替えですかね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2012.09.07

nasne運用開始

 アマゾンで予約していたnasneですが、例の初期不良問題で販売延期の憂き目に会い、届いたのが9月頭となりました。届いた箱がやたら小さかったのが印象的です。HDDとデジタルチューナーが納まる筐体は手のひらに乗る大きさで、ぱっと見今時のルーター?という感じです。

 配線はネットワークケーブルとアンテナ線×2、電源の4本のみ。3分もかかりません。予約や視聴はPS3のtorneからするのが通常の使い方となります。もともとtorneで地デジ録画環境を構成していたので、地デジ2ch+BS・CS1chの録画環境となりました。torneの操作は最初に検出したnasneのチャンネル設定をすれば、あとはシームレスにtorne/nasneの録画予約が可能になります。録画予約、再生時のスキップやシーンサーチはやはりPS3の操作性が抜群です。

 HDD録画環境としては最安・最強じゃなかろうかと思います。DVD-RやBL-Rへの書き出しは今のところVAIOの新しめの機種しかできない模様。そのうちなんとかなるでしょう。実は永久保存したい番組とかなかったりします。

 とりあえずレビューということで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.24

PS3の分解修理

Dsc06348
 甥っ子のPS3が、電源投入時にカリカリと変な音がしてディスクが入らないという故障状態になったらしく、どういうわけか私のところに持ち込まれてきました。素直にメーカー修理に出せばと進めたところ、もともと中古機だったらしく、修理台相場が購入金額と変わらないようで、ダメ元でいいから修理して欲しいとの事。私もこういうのが好きなクチなので、「恨みっこなしヨ!」と念押しして引き受けました。

 故障箇所はディスクのメカ部分と当たりを付けていたので、BDドライブの中にアクセスしてみました。

Dsc06349
 PS3は弄り防止にトルクスネジが一部使われていますので、こんなこともあろうかと、以前購入していたトルクスドライバーを使って分解していきます。次にゴム足下のネジ穴隠しをすべて取り外して、プラスネジをはずします。
ひっくり返して表蓋を慎重にはがすと、エアダクトや電源、BDドライブが見えます。

Dsc06350
 横長の黒い箱が電源です。邪魔なコネクタははずして、電源両側のネジ2本を外し、上に慎重に引き上げます。写真でいうところの左側がなかなか動きませんが、電源端子が抜けにくいだけなので、根気良く真上に抜いていきます。目標はBDドライブですが、一見エアダクトを取らないと外せなさそうですが、ドライブ尻側のネジを1本外して、ケーブルコネクタを外せば、写真のドライブ左側を浮かせることで外せます。

Dsc06351

 あとは、ドライブのケースのネジを外せばドライブのイジェクトメカとご対面!

Continue reading "PS3の分解修理"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.03

torneの様子がおかしいぞ?

 我が家のtorneは地デジのアニメ専用レコーダーとして活用していました。なんやかんや忙しく、ここ2ヶ月ほど録画しっ放し状態で放置していました。1.5TBの外付けHDDで3倍速録画といえども、毎週5~6本の番組を帯で録画すればそろそろ整理しないとパンクするのかな~と思って、久々にtorneを起動してみたんです。

 案の定、録画エラー出まくりでした。どれどれディスクフルで録画に失敗しとるんじゃろ・・・あれ~?HDDが接続されてないから失敗したじゃと?繋がってまっせ!久々に冷たい汗が額に流れました。どうやら接続している外付けHDDをPS3が認識できていないようです。久々のクラッシュ?また某社HDDにやられたか!以前のHDDクラッシュのトラウマが蘇ります。

 ここは冷静に現状をまとめて見ましょう。
・外付けHDD1.5TBは国内有名ベンダー製(入出力情報屋さん製)で、一応信頼が置けるブツ。しかも半年しか使ってないよ!
・2月頃までは動作していた。震災からこっちは予約録画のみで、PS3すら起動していない状態。
・PS3起動時はXMBでも表示されていない。torneでももちろん見えない。
・外付けHDDの電源インジケータは正常点灯。電源投入時の動作音も別に普通。
・試しにWIN-XPマシンにつないで見ると「GPT保護パーティション」として認識され、一切操作を受け付けません。
・WIN-7マシンではアンフォーマットHDDとして認識され、とにかくフォーマットしろしろとしつこく言われます。

撮りためて視聴していない番組がほとんどなので、何とかサルベージしたいけど、症状を見る限りHDDのMBRあたりの不具合か、クラッシュだよね・・・orz

Continue reading "torneの様子がおかしいぞ?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.06.29

SCEの罠に嵌りました・・・

TORNEで録画していろいろ地デジ番組を視聴しているんですが、さっきWC日本戦を予約しようとPS3を立ち上げたところ、「アップデートがあるでやんす」とメッセージが出ます。おぉ、そういえば追いかけ録画やら、何やらの神アップデートが6月公開とか、話題になってたような気がします。

まあ、この際アップデートしときましょうか・・・と○ボタンを押してしまったんですよ。1分ほどでアップデートが完了して、さて予約するべ~と待っていたら、「最新ファームウェアじゃないと起動しませんぜ旦那、へへへ」やられたっ!!TORNEを使おうとするとUbuntuが使えねージャン!!この段階で善良なユーザーの選択肢は事実上ありませんよね。

この罠のポイントは、TORNEのアップデート時にはFWアップデートが必要だとは告知しない点です。前回のアップデートはFWアップデートをしなくても起動したんですよ・・・orz

TORNEのアップデートは「その他のシステム」が使えなくなりますよ!

あーむかつくわ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.05.01

torneが我が家にやってきた!

アナログ停波まであと○○○日・・・だけど我が家のブラウン管TV受像機はまだまだ現役なんです。これを買い換えるのはエコじゃないよね。本当のエコロジーは使える物はとことん使うに尽きます。電気代削減の為に買い替えるのは景気対策としてはアリですが、環境対策としてはナシですよ、ホントに。言いたい事は沢山ありますが、チデジを視聴するのと、使いにくいVHSビデオデッキの代わりに今時のHDDレコーダーを格安で入手する最高の手段が「torne」じゃあなかろうか、と先週気付いたんです。

それじゃぁ、早速WEBで買うべぇ~とアマゾン&ラクテンチェックしたところ、あれ~妙に変だなぁ、だってそうじゃない、torneって1万円でおつりが貰えるって伊集院が言ってたのに、なぜか値段が高いんです。しかも聞いた事ないようなお店ばっかり出品してるんだもの。おお!これは安い!1円だ・・・ってこれはなんかの入会特典じゃん。やだなやだな、こわいなぁ。

いろいろとWEBで値段チェックしていると、定価販売のお店がちらほらあります。ジョウシンさんか、近畿にいた頃お世話になったよなぁ。なになに、お一人様1台限りでお願いしますとな?そのとき私気付いちゃった。高い店は転売屋だー!

Continue reading "torneが我が家にやってきた!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.16

ふしぎな現象

先日お亡くなりになったPS3なんですが、週明けに修理に出そうと用意を始めていたんです。で、一応症状を確認するために電源に火を入れて(あ~表現が古いなぁ、昭和の技術者丸出し)みたら、液晶モニタに変な絵が映ってるんです。最後に見た画面はブラックアウト画面で、まさにウンともスンともいってなかったのに、今日は様子が違います。

具体的に描写すると、画面中央に画面幅の5分の1ほどの縦帯が表示されていて、そこの部分だけ見慣れたXMB画面が表示されているんです。コントローラで操作してみるとアイコンが横にスクロールするので、操作できているようです。とはいえ肝心な画面右側は真っ黒ですので、現在何を選択しているのかは判りませんが・・・

もしやと思い、電源スイッチ長押しリセットを実行してみると・・・普通に起動して何の問題もなく表示されちゃいました。あれ?故障してたんじゃないの?なんか知らんが直ってるし。

この手の故障がいちばん性質が悪いんです。ときどき再現するってヤツですね。さて、故障の原因を想像してみましょう。きっかけは長時間連続使用で、症状が画面のブラックアウト。この二つからビデオチップの放熱不良によるオーバーヒート・周辺部品の焼損ってのが妥当な線ですか。ただ、今回数日の使用中止後に復活と言う事になると、永久破壊は免れていた事になるので、熱による基盤の変形(反り)による配線の断裂(ハンダクラックの発生)で動作不良が起こり、十分冷却されて変形が戻り断裂部が導通したってところでしょう。てことは、今後も長時間プレイするとまた画面が映らなくなる可能性が高いと言う事ですね。

さて、この状態で修理に出しても、「症状が再現できません」と言う回答と一緒に送り返されるのがオチです。次に壊れるまで様子見ですね。まぁ動いてよかったと言えばよかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.12

PS3が逝ってしまいました

今までトラブルなしで稼動していたPS3が、お亡くなりになってしまいました。320GBHDDに換装し、手持ちのミュージックライブラリを保存して、CDジャケット画像もチマチマスキャンして、手持ちのDVDも交換なしで視聴できるようにゴニョゴニョして、AVライフ(もちろんオーディオヴィジュアルです)の要として活用しようとしていたのに・・・

PCモニタを共有している手前、PS3の電源切り忘れを時々やっちゃうんですが、今回はLife with Playstationを走らせっぱなしで2昼夜連続運転しちゃったみたいです。モニタを切り替えてもブラックアウトのまま。電源を再投入してもブラックアウト。HDDのアクセスランプは光るので起動シーケンスはそれなりに動いてそう。でも表示が無いので手も足もでません。AVマルチケーブルでTVに繋いでもブラックアウトのまま。ご臨終のようです。このとき、いつもより本体が熱を持っていたので、放熱不良でビデオチップかその周辺回路が永久破壊したようです。

初代60Gモデルはいろいろ多機能で、今後は入手し難くなるのでここはSCEに素直に修理に出しましょう。基盤交換で17800円だっけ?新品の安いのより安いからいいかな。

その前に、リコール該当品のデジカメをいよいよ交換に出しました。一部ユーザーに名機として知られているサイバーショットU30です。当時スパイカメラを彷彿させるコンパクトさと、思い切った機能の絞込みに感動して衝動買いして、趣味に仕事にと大活躍してたんです。ところが1年ぐらいして撮像素子の接触不良かなんかで使用不能になり、先代のサイバーショットP1が現役復帰して今に至ってます。そうです、我が家ではサイバーショットの初代機P1が今でも現役なんです。さすがにズームボタンの利きが悪くなり、調子が悪いときは叩かないと動かなかったりします。電池の持ちも異常に短くなってるし、U30に現役復帰してもらいたいと思います。

U30ってホントに使いやすいんです。かさばらないし、軽いし、余分な機能がついてないし、ニッケル水素電池限定だけど電池持ちがいいし、デザインがこれまた良いのよ。私のはオサレなネイビーブルーモデルです。クオリアシリーズのバカ高いコンパクトデジカメよりもこっちの方がよっぽどカッコいいと思うのは私だけ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)