2014.05.29

流行のミックスビルトに挑戦

今日は大変暑かったです。汗まみれでプレス成型作業をしていたら、すごいアイデアが浮かんだんです。「これはいける!しかもカッコイイ!」さっそく帰ってから作ってみました。

Dsc01338

ユニコーンガンタンクです。ちょっと弱そうなモビルスーツですが、ピンチになるとNT-Dが発動してデストロイモードに変形!!!でも武装はガトリング砲だけだったりして。

Dsc01340


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.04.25

ガンプラコンテストに挑戦?

Dsc_0223

よく行くプラモ屋でガンプラコンテストが開かれていて、u-taroがどうしても参加したいと言うので、ちょっと一工夫してみました。

テーマ:アクションベースを使わない格闘シーン!

Dsc_0224
アルミワイヤでキューブ状のフレームを作り、ごにょごにょして宙に浮かせてます。陸戦型ジムにタックルするグフカスタム。吹っ飛ぶジムとビームライフルに見えますかね?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.04.01

ザクとうふ 量産型20万機が戦場に投入

Dsc_0344

近所のイ○ンに買い物に行ったら、食品売り場の入り口付近にワゴンで売ってました。思わず購入したのはお約束ですね。

Dsc_0345

「キヌではないのだよ、キヌでは!」 そうです、枝豆とうふです。


Dsc_0346

ヒートホークスプーン付でした。モノアイはオプションで、ノリで作ってます。お味はまあそれなりかしら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.10.24

ガンダムパーフェクトファイルの甘い誘惑

Dsc01207
 ガンプラでディティールアップやらカラーバリエーションとかをしようとしたときに、参考にするのがプラモ雑誌の作例だったりするんですが、オリジナルのバリエーションをさらに独自の解釈とかしたりすると、だんだんトンデモの方向に行きそうで、なんとなくいやなんです。狙ってネタ作例なら問題ないんですけど、大まじめの力作が明らかに間違っているのはカッコ悪いと思うのは私だけ?たとえて言うと、愛車にオリジナルペイントをお金をかけて書いてみたら、後で英単語のスペルミスを指摘されちゃうとか・・・

 いまさら歴代ガンダムのDVDをコレクションするのは、経済的にも時間的にも無理っぽかったのですが、この状況をモニターしているディアゴスティーニの中の人が私向けに企画してきたのが「ガンダムパーフェクトファイル」みたいなんです。(ウソ)

 家に居ながらにして「公式」資料が入手できるのが魅力的。一部590円でフルカラー。ストーリーからMS・MA、舞台設定、登場人物のプロフィール等々ほぼ網羅した設定資料集だそうです。5000ページを超えるとか恐ろしいことが書いてありました。定期購読の手続きをした後で、「ん~?5000ページ?いったい何号まで配本する気じゃあ?」と、公式HPで情報を探したら・・・ずいぶん解りにくいところにこっそりと書いてありました。

 ナント『全180号』だとよ!! 590円×179号+創刊号290円=105,900円也 ただし「特性バインダーには10号分しか入らない」ところを、むりやり押し込んで17冊構成にしたとして、特性バインダー2冊組み590円×8部=4720円が掛かるので、

 ガンダムパーフェクトファイルコンプリートコスト=110,620円也

そりゃぁ大きくは書けませんね。とりあえず第一弾の55号まで取り寄せて見ます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.02.15

FG ZAKU II いいね!

Dsc06192先月、広島に出張した時にホビーセンターと言うところに寄ってきまして、いろいろガンプラを見てきました。結構こじんまりした店舗内にぎっちり詰まれたガンプラの箱たちの中に、FGが何個かあり、ZAKU IIを4体大人買いしてしまいました。

FGのガンダムとザクはもう生産していないみたいなので、見つけたら即買いですね。なんに使うかはこれから考えます。今のところ、5体あるので、いろいろ塗り分けて「ジオン戦隊ザクレンジャー」なんてのも面白そう・・・もったいないかなぁ(´・ω・`)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.01.17

サザビー風 FG ZAKU II かなりできました

Dsc06169
サザビー風味の赤ザクが8割がた完成です。思ったより高級感が出てます。まさか315円のガンプラには見えませんぜ!
サーフェイサー1000番を吹いてから、シルバーを下塗りしてシャインシルバーを軽く吹いた後、薄めのクリアレッドを5~6回吹いてます。黒い部分は水性アクリルの黒を筆塗りしましたが、薄め液を買い忘れて水で薄めたところ乾燥に時間がかかり、指跡やら部分ハゲとかで汚くなってます。水性アクリルカラーは専用薄め液で薄めた方が乾燥が速くなるんじゃないでしょうか。水だといつまでもネタネタと乾きません。

Dsc06172
このあとは黒の部分を塗りなおして、モノアイを蛍光ピンクで塗り、コンパウンドで全面を磨いてから、トップコートを丁寧に書ければ完成です。

生まれて初めてのガンプラ塗装にしては上出来でしょ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.01.05

RG ZAKU II 素組みできました

Zaku1
昨年末に発売と同時に入手したリアルグレードのZAKU IIを、この正月休みで組んでみました。友人はパーツ磨きから入っているようですが、私は我慢できずに組み上げました。まぁ高価なキットですので、可能な限り丁寧にゲート処理をして、パーティション痕も気が付いたら消しながらの組立作業でした。のべ8時間といったところでしょうか。

Zaku2
さすがに部品の精度はいいですね。パーティション痕もほとんどありません。ジャバラの表現がバラバラの輪を心棒に通してあるのですが、さすがにここだけはパーティション痕ができています。デザインナイフでひとつづつ削ってから1000番のサンドペーパーをかけてみましたが、最終的にはコンパウンドで磨かないとつやが出ません。

Zaku3
ついでにFG ZAKU IIも組んで、1/144スケール3世代揃い踏みを実現してみました。FGは値段なりの精度ですが、シルエットは今時のガンプラと同じなので、ちょっとイジリ甲斐があります。塗装の修行を兼ねて、ピアノブラックのガンダムと漆塗りのような赤ザクを作ってみます。

RGは素組みでもクオリティーが高いのでイジリたくないんです。FGなら安いのでいじって失敗してもあまり痛くありません。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.12

いまさらながらガンプラ入門

なんでもガンダム30周年記念だったそうです。そういえば実物大ガンダムとか、みょ~にへんだなぁとは思ってました。なるほど、小学生のときに本放送を見てたよな。山陰地区は日曜朝に放送してたので、欠かさず見たという記憶はありません。再放送は見てました。

どちらかというとプラモデルは大好きなクチでしたが、自動車とか戦車などのゼンマイやモーターで動くモノが主体で、フィギュア系には興味がありませんでした。しかも塗装なんかはめんどくさいのと資金がなかったこともあり、ほとんど仮組みで動かしておしまいという遊び方しかしてません。

高校時代にマクロスブームがありましたが、@300円の1/100スケールのバトロイドとかデストロイドを作っては現実逃避していたのがフィギュア系の最終体験です。このときは専用塗料もそろえて無駄に凝っていました。

当時ガンプラは小学生向けというイメージがあり、やっぱりお兄さんとしてははガタガタのアリイ製モデルを如何にきれいに組むかがかっこよさだったんです。でもそれも四半世紀前の出来事です。

先日友人がガンプラのパーフェクトグレードについて「床の間に飾れるレベル」と絶賛してまして、少し興味が出てきました。今時のガンプラってどうよ?現在u-taroをライダーやレンジャーからガンダムに誘導中です。とりあえずハイグレードで勘を戻しつつ、マスターグレード・パーフェクトグレードとステップアップしてみます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)